バイク遍路

四国といえば、霊場八十八ヶ所巡礼

四国を旅行する折には、是非とも霊場への立ち寄り参拝をお勧めします。

ツーリング時に「道の駅」感覚で霊場に立ち寄っていた私、心を入れ替え !?  納経帳を携えて新たな四国遍路。まずは作法を学ぼうとバス遍路ツアーに参加し、今はバイク巡礼へとシフトしています。

四国遍路地図

 

四国遍路札所
阿波國23ヵ所 発心の道場
土佐國16ヵ所 修行の道場
伊豫國26ヵ所 菩提の道場
讃岐國23ヵ所 涅槃の道場
そして別格20ヵ所

 

 

  私の新たな四国遍路  

◆ 第1~4番(4月・日帰りバス) 霊山寺で納経帳や掛け軸を買って、金泉寺で昼食
◆ 第5~9番(5月・日帰りバス) バイクならもっと回れるのにと思ったりして…
◆ 第10~12番(6月・日帰りバス) 切幡寺と焼山寺はツアー会社手配のタクシー
◆ 第13~26番(7月・宿泊バイク) バスツアーでお参りしていない14の札所を今回は一泊二日でバイク遍路!太龍寺では午後5時が迫っているためお参り前に御朱印を頂き、宿泊は近くのわじき温泉

◆ 第27~30番(6月・日帰りバス) 神峰寺へは、今回初めてタクシーで… 。よくまぁ、こんなヘアピン急坂を今まで何回もバイクで上がったねぇ(>_<)
◆ 第31~40番(10月・宿泊バイク) 一日目最終予定の岩本寺の後は、お遍路さんもよく利用する土佐佐賀温泉で快適宿泊 (^^)

土佐佐賀温泉4 土佐佐賀温泉3

◆ 第41~45番(10月・日帰りバイク) 巡拝は、43番→42番→41番→国道440四国カルスト→45番→44番 地図を見ていて思いついた四国カルスト観光入りコース!
◆ 第46~58番(10月・日帰りバイク) 札所間が近くて多く回れた (^^)/
◆ 第59~64番(10月・日帰りバイク) 横峰寺は湯浪にバイクを置いて、往復3時間の歩き遍路!
◆ 気候もよ~なったし、そろそろ出かけんといかんぞなもし。


  車やバイクで遍路を始める人へ、ちょこっと助言  

● 遍路用品は霊山寺売店に揃っていますが、事前に買えるなら、選択肢も多くなるし勉強がてらその方がベターだと思います。
● 道中、曲がり角を間違えて大廻りをしたり、駐車場と本堂の往復に思わぬ時間がかかる札所があったりで、初めての場合は予定とはだいぶ違ってくることも…。
● 札所間の移動は、最短コースよりも、できれば広くて分かり易いルートをお勧めします。(14番→15番、19番→20番、45番→46番、など)四国遍路が恐ろしい思い出とならないために!
● バイク巡礼で宿泊所を予約していた日には、唱えるお経もバスツアーの時より短くしました。当日最後の札所に着く時刻が、結構違ってきます。時間に十分ゆとりのある場合は、ツアーで学んだ作法どおり ?! 

● 納経帳に御朱印を頂くにも、お遍路ツアーの多い季節の日・祭日など40分ほど待つこともありました。
● 納経所は、殆どが午後5時まで。初夏などまだまだ明るくて、こちらはやる気満々なのに・・と思ってしまったり (>_<) 5時が迫っている場合は、先に御朱印を頂いてからお参りした方がいいです。


  四国遍路の難所(車やバイクの場合)

遍路の難所といっても、歩きか車やバイクかでキツく感じる内容も違いますし、天候や対向車など偶然遭遇したことなども大きく影響するもの。
現時点で私が思う「車・バイク遍路の難所」についてコメントします。
バイクだと道幅はあまり関係ないだろう!と言う方もおられますが、一車線の急坂で左にガードレールがない所などは怖いものです。

第10番 切幡寺

狭路区間は1㎞弱ですが、離合できるところは少なく、勾配にもビックリです。私は昨年、バスツアー会社手配のタクシーでお参りしましたが、タクシーは一般車両の通行情報を無線で連絡し、その時は途中で遭遇しないようにしていました。一般車両同士だと途中の急坂カーブでどちらかがバックすることになります。麓の駐車場に車を置いてお参りすることをお勧めします。
もし本堂近くの駐車場まで車でお参りした場合は、この切幡寺を私は四国遍路最大の難所に推薦します。

切幡寺狭路2 切幡寺狭路3


第12番 焼山寺

第11番藤井寺から焼山寺への最短コースとしての県道43号線南下は避けるべき!という情報が多いです。私が利用したバスツアーでは、11番藤井寺の後は一旦国道192号線に戻り、石井町から県道20号線を南下して神山温泉で昼食をとり、県道43号線を北上して県道沿い駐車場でマイクロバスに乗り換えてお参りしました。これだと難所というイメージから離れます。

焼山寺2 焼山寺1


第15番 国分寺

常楽寺から国分寺までは直線距離で500m程ですが、最短の狭路を避けて一旦国道192号線に出ることをお勧めします。国道192号線に出ると国分寺への案内表示もあります。


第20番 鶴林寺鶴林寺山門

鶴林寺への直近 1.7㎞ 程は鶴峠からの県道146号ですが、1~1.5車線のヘアピン急坂カーブがあります。なお、第19番立江寺から鶴林寺への道路案内は県道16号を走って途中から南下するルートですが、車の場合はNGと考えた方が良い ?!  しばらくは「太龍寺への案内」に従って県道19号を走り、「鶴林寺 ⇒」の表示で県道283を北上するルートが正解だと思います。


第21番 太龍寺

私のこれまでの参拝は2回ともロープウェイを使ったので、どの程度の難所かを具体的にコメントすることはできませんが、一車線区間やガードレールのない箇所が多いなど、トップクラスの難所であることは間違いないようです。

太龍寺1 太龍寺2


第27番 神峯寺

国道55号線から寺院に至るには、ドライブイン27の所から入ると狭路区間が4㎞程となり、唐浜駅案内標識から入り広域農道を通ると2㎞で済みます。お寺に直近の2㎞はいずれにしても通りますが、かなりの急坂・ヘアピンです。道幅は1車線と1.5車線の中間?!くらい。バイクのタンデムでは相当に緊張します。

神峯寺1 神峯寺3


第35番 清瀧寺

東灘簡易郵便局の近くを通るルートは恐ろしく狭い道で、避けるべきとの情報が多いです。私は(株)田原工業の前を通る道で参拝しました。この道でもお寺に直近の1㎞程は殆ど一車線!と聞いていたので、1㎞手前でバイクを停め、歩き遍路道で参拝(片道約20分)しました。高速道路の下辺りに車を置いて徒歩でのお参りを勧める人もいます。
山上の駐車場まで車遍路をした場合は、第10番切幡寺に次ぐ難所だと思います。


第46番 浄瑠璃寺

第45番岩屋寺から浄瑠璃寺へは国道33号線を使うことになります。久万高原町からの下り途中に浄瑠璃寺への表示がありますが、車の方にはお勧めできません。2㎞程の区間は、車一台の通行がやっとで、離合が難しいです。33号線を下り砥部町宮内のT字交差点(浄瑠璃寺・八坂寺への表示あり)を右折して大友山トンネルを通るルートをお勧めします。

浄瑠璃寺1 浄瑠璃寺3


第60番 横峰寺横峰寺山門

有料道路(平野林道)を利用してお参りしたのは15年以上前ですが、車同士だと離合が難しい箇所はいくつかありました。昨年、湯浪にバイクを置いてそこからは、歩き遍路を決行。湯浪には、駐車スペースやトイレ設備もあります。


第66番 雲辺寺

ここも前回の参拝は、ずっと以前にツーリング途中で立ち寄ったものです。車遍路をした方の意見で共通しているのは、県道8号は使うべからず!ということです。そういえば、私の参拝も県道268ルートだったような・・・。キツかったというより、山道が長かった!という印象です。近々?、またバイク遍路で参拝する予定です。
なお、雲辺寺から第67番太興寺への道も、私は県道8号線や6号線を北上する近道ではなく、一旦国道32号線に出るルートを考えています。


● まとめ(遍路の難所について思うこと)

・車やバイクで四国遍路をする場合、どうしても通ることとなる難所はありますが、アプローチの選択次第では難所区間の距離が相当に違います。例えば、焼山寺、鶴林寺、清瀧寺、雲辺寺など。

・寺院に直近の1~2㎞がかなりの難所である場合には、そこだけ「歩く」というのも一案です。例えば、切幡寺や清瀧寺です。神峯寺と鶴林寺はどうするか悩むところ。


  阿波國「発心の道場」の札所  

 第1番 霊山寺  (りょうぜんじ) 

四国霊場第一番札所だけに、お遍路さんだけでなく観光参拝者も多いです。四国遍路発願寺だと思うと、何だか寺院の空気も引き締まっているように感じます。

霊山寺 仁王門


 第10番 切幡寺 

麓からツアー会社手配のタクシーでお参り。600m程ながら、すごい狭路急坂!バイク遍路の折には歩こうと悟りました !!

切幡寺狭路 切幡寺本堂


 第12番 焼山寺 

順打ち(一番から四国を時計回りに巡拝すること)で最初の「遍路ころがし」の焼山寺(海抜700m)。歩き遍路の人ともすれ違ったけど、何かこちらは、悪いことしてないのに少し恥ずかしい !?
麓から山上駐車場までは5㎞程で、小型バスなら余裕で走れる道。こちらは次回、バイクでお参りしよう (^^) と決心した次第です。


 第20番 鶴林寺 

車やバイクで鶴林寺までの県道283号線へは、狭路の県道16号線よりも、南の県道19号線から入った方がいいです。また私は、新しいバイクでヘアピン急坂に不安があったので、県道283の途中にバイクを止めて、お寺までの2㎞(片道30分強)は歩きでした。6月中旬、暑くてキツかったですが、それだけにお参りの有り難さを一層感じます。車道の具合は、神峯寺よりは少し楽な感じです。

鶴林寺2 鶴林寺


 第21番 太龍寺 

順打ち2つ目の遍路ころがし。私のこれまでの参拝はいずれも麓までバイク、そこからはロープウェイでした(寺院まで歩くと登り3時間とか !?)。山上の3㎞ほどは、グーグルマップにも表示されないほどバイクには怖い道  !!!? 朝、松山を出て13番 大日寺から回り始め、ロープウェイの最終に乗れて何とかここまでお参り…。

太龍寺本堂 太龍寺


 第23番 薬王寺 

阿波の國最後の霊場。厄落としの寺として有名で、境内から眺める日和佐の町並みもいいです。ここの参拝を終えると、次は82㎞離れた最御崎寺へ国道55線をひたすらじゃ~(>_<) この道!長くて歩きは大変だろうけど、バイクで走ると抜群の快走路です。


  土佐國「修行の道場」の札所  

 第24番 最御崎寺  (ほつみさきじ) 

室戸岬に位置し、札所の中でもとりわけ静寂・荘厳な佇まいで、私の特に好きな霊場の一つです。近くに弘法大師が修行したとされる洞窟 (御厨人窟) があり、ここの波音は環境省の「日本の音風景100選」に選ばれています。約1200年前の平安時代、青年時代の大師はここ御厨人窟(みくろど)で悟りを開いた!?とか。


 第27番 神峯寺  (こうのみねじ) 

順打ち三つ目の遍路ころがし。バイクで上がっても大変!寺院は山の中腹に開かれ、樹木など丁寧に手入れされていて、すがすがしい気持ちになります。国道55号線から寺院に至る町道は、ドライブイン27の所から入るよりも唐浜駅案内標識からの方が、道が広くて良いです。


 第37番 岩本寺 

窪川の街中にあり、これまでツーリングの道すがら度々寄ってお参りしている岩本寺。今日も !! 土佐賀温泉でくつろぎ、明朝は快走ルートのサニーロードで一気に四国最南端へ。

岩本寺 仁王門 岩本寺 本堂


 第38番 金剛福寺 

四国最南端の足摺岬に位置し、岩本寺からこの金剛福寺までは90㎞余りの道のりで四国霊場八十八ケ所間では一番長い。昔の歩き遍路さんは、曲がりくねった遍路道を三泊四日、歩き通したとか。アコウやツバキ林の中にあって南国ムードに溢れ、観光と霊地の両面を感じさせる寺院です。

 金剛福寺 金剛福寺2


  伊豫國「菩提の道場」の札所  

 第45番 岩屋寺 

巨岩・奇岩が林立する中に建立された本寺は、駐車場から約800ながら、生い茂る巨樹の中を急坂と階段を繰り返してやっと辿り着きます。車遍路をした方の中では、この800mの歩きが一番キツかったという感想をよく聞きます。深山幽谷の地と言われ、修行の霊地とされていただけあって、本堂や大師堂の近くには行場の跡があります。

 岩屋寺へ 岩屋寺 本堂


 第46番 浄瑠璃寺 

岩屋寺の次は、久万高原町から国道33号線を一気に下って松山で最初の札所。境内には樹齢1,000年を超す大樹イブキビャクシン(市天然記念物)や仏手・仏足の石、そして本堂裏手の牡丹や弁天池の古代蓮など、随所に見どころがあります。

浄瑠璃寺2 浄瑠璃寺牡丹2


 

 第51番 石手寺 

道後温泉にほど近く、国宝の仁王門をはじめ四国霊場随一といわれる文化財の寺院です。参道が回廊形式で、仲見世のみやげ店が並んでいます。境内には巡礼者のほか地元のお大師さん信者や観光客が多く、日中、お線香の煙が立ちこめていて、いい雰囲気です。

石手寺前 石手寺 塔


 第60番 横峰寺 

かつて専用道路 (平野林道) で山上駐車場までバイクで上がってお参りしたことがありますが、今回は県道147号線を湯浪までバイクで行き、そこからは納経帳を携えての徒歩。谷筋の急な登りを一時間半弱歩き、お勤めをして湯浪に戻ってくるまで3時間の苦行 ?! 道中、何人もの人とすれ違いました。

横峰寺山門 横峰寺大師堂


  讃岐國「涅槃の道場」の札所  

 第75番 善通寺 

空海は善通寺の生まれ。高野山、東寺(京都)と共に弘法大師三大霊場の一つで、近世には高松松平家や丸亀京極家の庇護を受け、重厚な建造物が今に残る霊場です。観光客も多く、駐車場が広い !!

善通寺 本堂 善通寺 五重塔